美大生がこっそり発見した
ちょっとしたことと
ぽけぽけな日常にっき*
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夜は短し歩けよ乙女
評価:
森見 登美彦
角川グループパブリッシング
¥ 580
(2008-12-25)
コメント:まだ途中しか読んでないですが、好きなお話です*

 

おととい買った本です。。。。

最初は表紙がかわいいなぁ〜と思っていて・・・・

本の裏に書いてある大まかなストーリー読んで
読みたいなぁ〜
と思っていたのですが。。。

パラパラ見てみるとなぜか短編集だと勘違いした私。
短編はあまり好きではないので買わなかったんです。

でも、短編じゃなく、一冊まるまる「夜は短し歩けよ乙女」なんですねー
ちょっとアホでした。。

登場人物がみんな不思議(?)というか、魅力的*
ふわふわした感じですー
私は好きですよ〜ちょっぴりストーカーみたいな先輩とかが
かわいくって♪♪

あと、後ろの解説みたいなところに
ハチミツとクローバーの羽海野チカさんの
「夜は短し歩けよ乙女」の登場人物のイラストが描かれていて
そのページ開いたときちょっとテンション上がりましたー!!
知らずに買ったんで、びっくり倍増でしたー

イラストの中の「樋口さん」と「羽貫さん」が私のイメージどおりでした。


そして昨日、も本屋さんに行ったのですが、
本の検索機の前で高校1年生くらいの女の子2人が
「えー、出ないよ。「夜は・・・」でしょ?」
「も一回やってみようよ!」
なんて話しているのが聞こえたんです。
そこの検索機では「夜は」を「夜わ」といれないと出ないんですよ〜

その女の子2人はその後すぐにそれに気づいて
どこにあるかわかったみたいで。。
よかったよかった。

なんだか自分の持ってるのと同じ本を目の前で買う人を見るとちょっとうれしいですねー
持ってる人なんてたくさんいるはずなのにー*


そうそう、昨日、京都の大学に行った友達が帰って来たんです。
この小説の舞台も京都で
その友達がなんだか夢の国から来たみたいな。
そんな気分ですー

なんだか、長くなっちゃいましたね(笑